彼女の娘(亜美)に悪戯してる体験談をお話します。

俺(徹)45歳。

彼女の娘(亜美)1●歳。(ランドセルが可愛い)

一緒に暮らし始めて1年弱夏休みの夜、恐怖番組を見たせいで、亜美はビビりだから1人で寝れずに3人で寝た。

彼女は仕事疲れで、22時頃眠りに付いた。

夜中の1時頃、彼女はおおいびきで爆睡。

もちろん娘も爆睡。

まぶたをつついてもピクリともしない。

軽く腕からマッサージみたくしてみた…次第に足もマッサージみたくしていき、太ももまで…そしてパジャマの下から胸まで手を入れた。

軽く揉んでみたが反応なし。
彼女の様子を伺いながら娘のパジャマを捲り、少し膨らんだ胸を出した。

やんわり揉んで行くと、1人前に乳首がコリコリ。

むしゃぶりついてみた。

ほんのり

「う~ぅん」

可愛いすぎる…。

昨日、2人でお菓子を買いに出掛けた。

マッサージしてやるといい、太ももを際どいとこまでマッサージした。

嫌がる素振りは無かった。

家に帰る頃は、際どいとこだけマッサージをしていた。

娘は、

「寒い」

と俺と彼女が寝る布団に潜り込んだ。

俺も眠かったので、布団に入った。

彼女が居るけど、太ももをマッサージしてみたが嫌がらない。

それどころか、際どいとこを俺がやり易いように肩幅に開いてくれた。

彼女が風呂に入った時に

「気持ちいいか?」

と聞くと頷いたので、イケナイ部分をマッサージしてみたが逃げない!どころかグショグショ!

「亜美…もっと気持ちよくしてやろうか?」

亜美が頷いた。

俺は、毛布を顔に被せズボンとパンツを一気に下げ激しく指を動かした。

何かを我慢するように身体に力が入った。

動きを辞めクンニしてやると…

「オシッコが出る!」

って…。

クンニを止め指でグショグショにしてやると、また身体に力が入り

「う~ぅっ!」

って言い、力が抜けた。

ガキの癖にイッたようです。

「また、やってやろうか?」

と聞くと頷いたけど、

「母さんに黙っとくなら」

って言うと

「言わないからまた、やって♪」

今夜、またしてやる約束をした。

これから彼氏が出来るまでに調教が楽しみです。