寝バック

まだあれは随分今よりも若い時だ。

将来の事や仕事の事や特に悩みのなかった、

いわゆる若くて無鉄砲な時代だった。

その日、バイト先の男友達と俺と俺の高校から知り合った女友達で

カラオケで飲んでいたのだ。

名前がないと表現しにくいのでその女友達を仮にマイコ(仮)としておこう。

バイト先の男友達はタイゾウ(仮)。

タイゾウはバイトで知り合った友達だったが、

マイコは地元は一緒だったが知り合ったのは

同じ高校へ偶然通うようになってからだ。

マイコの容姿は当時高校でもトップクラスとまではさすがに行かないが、

俺のが1つ年上でマイコが高校に入学してきた時には

「深田恭子にあの子似てない?」

などと男共と品定めしていたくらいそれなりに可愛い子だった。

地元が同じだった事もあり、

色々部活や帰り道が同じだった事もあり仲良くなるのは案外早かった。

そして社会人になり、何故かタイゾウとマイコと

この3人で飲みに行く機会ができたのである。

何故かとは言ったが、実はタイゾウはマイコの事が好きだったのた。

それが俺がキューピット役を買って出たというわけ。

カラオケで飲みに飲みまくり、

タイゾウも好きな人の前という事もあってかベロベロに泥酔していた。

ちゃんぽんしたりしていて、

案の定トイレから出られないくらいの泥酔で店員さんをかなり困らせた。

うちらも飲んでいたが、タイゾウはもうアル中一歩手前だったので

帰るに帰れなくなってしまった。

俺がタイゾウを担いで自宅まで行き、

マイコはタイゾウが行きに乗ってきた原付を

手押しで押してそのまま自宅まで行く事になった。

タイゾウはそのままベッドで寝かせてしまってからは

もうほとんどまともな反応をしなくなった。

これは朝まで動けないな。

そう思い、仕方ないので泊まらせてやる事にした。

マイコはというと、俺の自宅からマイコの自宅も

そんなに歩いても遠くないので帰れなくてもないのだが、

夜道を1人で帰るのは嫌だったのか、

めんどくさかったのかは分からないが、

マイコも俺の家で泊まる事になった。

タイゾウはベッド、うちら2人はベッドの下の床で布団を敷く事にした。

かなり狭かったが、川の字なって3人で寝る事になった。

マイコが俺に

「ベッドに行って2人で並んで寝ろ」

なんて言っていたが、そんな事出来るわけないと言って

半分ふざけながらではあるが、

マイコに逆にタイゾウの横で寝れば?と持ちかけてみた。

もちろん却下。

仕方なしに俺とマイコは床に布団を敷いて並んで寝る事に。

とは言っても布団は別々なので同じ布団の中で寝ているわけではない。

とにかくタイゾウはよく寝ている。

夏という事もあり、窓が開けてあるので1番窓際に寝ていたマイコの、

恐らく髪の匂いか香水の匂いか分からないが、フワッとこちらに香ってくる。

この瞬間、こんな可愛い子が俺の真横で寝ていると思うと、

今まで遊んでいる時には考えもしなかった感情がふつふつと沸いてきた。

マイコは俺とは反対に体を向けて窓を見るように寝ていた。

なので、俺はマイコの背中を見るような体勢でジッと背中を見ていた。

眠れない。

当然である。

当時は女性経験も少なく、

童貞ではなかったがこんな可愛い子とした事はなかった。

夜風で女子らしい甘い香りが鼻につき、ますます股間が熱くなる。

試しに起きているかどうか確認するために呼びかけてみる。

返事はない。

そっと背中を指で押してみる。

反応がない。

寝ているようだ。

そんな事をしながら布団の中で手をズボンの中に入れ、しごいていた。

試しに布団の中に潜り込んでやろうかと考えた。

バレても寝相が悪かったせいにすればいいと考えた。

ゆっくりと相手の布団を捲り、横に添い寝するように並んでみる。

なんて近いんだ…。

先ほど香っていた甘い香りが間近でしかもダイレクトにしてくるではないか。

次の瞬間、マイコが起きてしまったようだ。

「えっ?何?」

と小さく囁く。

慌てて無我夢中でマイコを後ろから抱き締める形で

口を押さえて声を出させないようにした。

「ごめん、我慢できなったんだ。頼む、1回ヤらせて?」

手を口から離すと小さく、

「何言ってるの?ダメに決まってる。それにアタシ彼氏いるし」

初耳だ。

しかしこのように抱きついている体勢だとますます性欲が抑えられなかった。

股間をマイコの柔らかいお尻にグイグイを押し当てる。

「あぁ!気持ちいい。我慢できない」

そう言うとマイコはなんとか逃げようと必死に体をよじる。

夜だという事もあり、隣ではタイゾウが寝ているので

バレるのが怖かったのだろう。

小さな声で

「やだっ離して!」

そう言って何とか逃げようとするが、

動けば動くほど股間にお尻を押し付けられて掴んでいる腕にも力が入る。

「頼む、マイコ。1回!お願い!」

そう言って相手の同意を求める前に、ガバっと上に覆い被さる体勢にチェンジ。

これも全て布団の中で2人が揉み合っているのである。

マイコの事を好きなタイゾウがこれを見たらどう思うだろうか。

しかしその時の俺にはどうでもよかった。

そのまま覆い被さるように首元に吸い付く。

「良い匂いだね」

そう言いながら必死に抵抗するマイコの腕を振りほどきながら、

首元をジュルジュルと音を立てて吸い続けた。

まだもちろん入れたりはしていないが、

俺の腰は何度も相手に向かって打ち付けていた。

「そろそろ入れさせてくれない?」

そう言うと

「やだ!絶対!」

「このまま抵抗してもいつかは入れちゃうけど早く終わりたいでしょ?」

そう言っても布団の中でマイコは何とか逃げようと体をよじっている。

当時は夏だったので、マイコの上着はTシャツ。

簡単に捲り上げる事ができたので胸に顔を埋めようとした。

しかしさすがに凄い抵抗だった。

腕でガードして簡単には触らせてくれない。

しかし両腕でガバっと布団の床に押し付けて

腕を動かせないように押さえつけた。

そのまま一気に顔を胸へダイブ。

なんて柔らかいんだ。

理想的な形をしていた。

実はノーブラだったのだ。

それが仇となり、俺の腕がマイコの手を押さえているので、

手を使えなくても胸を堪能出来る状態にしてしまったのだ。

そのまま押さえている手を離した後、

防御体勢を取られる前にガバっと腕を頭の後ろに回しガッチリと抱きつく形になる。

「く、苦しい。離して・・」

小声でそう言ったようだ。

「ヤらせてくれなきゃどんどん締めちゃうよ」

そして少し力を緩めると向こうも息を整えている。

「無理!」

そう言ったのでまた締め付ける。

そしてまた緩める。

「分かった。でもゴムつけて」

どうやら観念したようだ。

あまりここで騒いでしまうとタイゾウが起きて、

さらにこんな状況を見られる事を恐れていたのだろう。

実はタイゾウはかなりスケベで、

普段から下心丸出しでマイコにも冗談とは言え、

胸触らせろ等とじゃれ合っていたからだ。

もちろん触らせてはいなかったが、

そんな奴がこの状況を見たらタイゾウも襲ってくると直感したのではないだろうか。

布団から起き上がり、ゴムを取り急いでマイコの布団に潜り込む。

そして急いでパンツとズボンを下ろし、

次に布団の中に頭から入りマイコのも下ろしてあげる。

ゴムを装着して亀頭をマイコの膣に押し当てる。

「さぁ、入れるからね」

そう言った瞬間一気に挿入。

「んっ!」

そんな声がマイコから漏れる。

もうそれからは無我夢中で布団の中で

マイコに覆いかぶさりながら腰を振り続けた。

高校の時に可愛くて皆から深田恭子に似ていると言われた子が、

今目の前で自分のモノを体の中に取り込んで必死に終わるのを耐えている。

凄く良い締め付けだった。

マイコにキスをしながら

「可愛いね」

そう言ってまたキスをする。

ペチ!ペチ!とお互いの接合部が音を立てる。

夏のせいもあってもう汗で全身ベトベトである。

その上布団の中という事もあって蒸し風呂状態。

胸にしゃぶりつき、腰を動かしているとある違和感を感じる。

最初より感覚がより生に近い気がする。

相手にバレないように股間の辺りを覗いてみるとなんとゴムが取れていた。

これはヤバいと思ったが、

相手はゴムを着けていると思っているので、

中で出しても恐らく抵抗はされないだろう。

とにかくその時は気持ちいい事が優先してしまい、

そのまま腰を振り続けてしまった。

「そろそろイクからね~」

最後にさらに早く腰を振って絶頂を迎えようとする。

「たっぷり中に出すね」

そうは言っても、マイコはゴムを着けていると思っているので特に何も言わない。

「うっ!」

そう言って今までに感じた事のないほどの気持ちの高ぶりを感じた。

こんな可愛い子に、しかも中に出すなんて…。

30秒くらい痙攣するかのようにドクドク腰が動いていた。

さすがに相手も気づいたようだ。

「ちょっと!なんでゴム着けてないの!?」

「あれ…?ほんとだ。途中で取れたんかもね」

知っていたがそう答えた。

するとマイコはグスグスと泣き始めてしまった。

それから朝まで相手も寝なかっただろう。

翌朝になるといつの間にかいなくなっていた。

朝になってタイゾウが目を覚ましたが、何事もなかったかのように

「おはよう、昨日は悪かったな。マイコはどうした?」

と聞いてきたので

「カラオケの後帰ったよ」

そう言っておいた。

まさか自分の好きな女が

自分の寝ている横で俺にヤられているなんて夢にも思わなかっただろう。