エッチな体験談(出会い系、レイプ、中出し、OL、人妻、処女、童貞等)毎日ジャンル別のヌケるH体験を配信中!!!



    【レイプ体験談】

    【レイプ体験】家庭教師の玩具になった37歳人妻
    多次元えろぐ
    画像は多次元えろぐ関連記事にリンクしています。

    子供が中学受験です。
    今日も朝から塾で追い込み授業を受けています。塾も行き、家庭教師も雇って受験勉強してる子供はがんばっています。

    でも私は5か月ほど前から、その家庭教師の人と関係を持っています。
    大学生の彼なのですが、初めはかなり抵抗しました。半分レイプみたいにされたのですが、この年になってあんなに若い人に求められる事によろこびのような快感を感じてしまいました。今では彼の求められるままの情事を貪ってしまっています。

    彼にとっては私はほとんど性処理の道具みたいです。私も求められるままに受け入れてしまいます。そんな体になってしまいました。
    1ヶ月くらい前から、彼の友達も受け入れるようになってしまってます。
    【【レイプ体験】家庭教師の玩具になった37歳人妻】の続きを読む

    この間飲んだ後カラオケに行った時に痴漢されました。

    しばらく歌ってからトイレ行きたくなって、トイレに向かったら、30歳位の男の人たちがトイレの前の廊下で話してたんだ。

    すごいジロジロ見られて嫌だなーって思ったんだけど、トイレ行きたかったから無視してトイレ入ったんだ。

    そしたら、すぐに後から入ってきてそのまま個室に押し込まれたの。

    一人の男に口ふさがれて、もう一人が胸触ってきたの。その日はワンピース着てたんだけど、いきなり、胸まで捲くられてパンツもブラも丸見えになっちゃって。

    ブラ上にずらされて生でおっぱいと乳首触ってくるの。

    怖くて恥ずかしいけど、感じてきちゃって、そしたら、もう一つの手がパンツの上から大事なとこ撫でてきて。
    【【痴漢レイプ体験】カラオケボックスでの出来事】の続きを読む

    今年の誕生日プレゼントは彼が好きなカフリンクスにしようと決め、チェックしたお店に向かう私。閑静な住宅地の中にそのお店はあり中に入る。

    「いらっしゃいませ」
    30代半ばの落ち着いた雰囲気の男性店員が一人、他には誰も居ない。

    ショーケースから気に入ったカフリンクスを幾つか出して貰い選ぶ。
    綺麗な手…細くて長い指がプレゼント用に頼んだ品物を器用にラッピングしていく。趣味の合うお店だ、レディースを扱う二階も覘いてみよう。

    品物を受け取り二階へ、少し経ってから店員も上がって来る。春物のワンピースを手にした私に、「こちらにどうぞ」と試着室に導かれる。仕切るのはカーテンの布一枚、なんだか頼りない気もするが意識し過ぎと思い直し、着ている服を脱ぎ隅に置かれた椅子の上へ。
    【【レイプ】彼氏の誕生日プレゼントを買いに行ったお店で男性店員に襲われお尻を突き出してしまう私】の続きを読む

    【レイプ体験談】アルバイトの帰り道に拉致られまわされました
    多次元えろぐ
    画像は多次元えろぐ関連記事にリンクしています。

    結婚して5年・・ 旦那はもともと夜の生活に対しては淡白だったのですが、仕事
    が夜勤になり、ますます遠のいてしまっています。。

    ここ2年は旦那とレス状態、もちろん他人となんて考えもつきませんでした・・・
    今年の7月までは・・・

    夜 旦那もいないため、近くの居酒屋でアルバイトをしているのですが・・
    その日、たまたま予約無しの団体さんが入ったため、急遽残業を頼まれて
    店を出たのが11時をまわってしまいました。
    【【レイプ体験談】アルバイトの帰り道に拉致られまわされました】の続きを読む

    彼女居ない暦、早1年半中出しなんて遥か昔の記憶でした。
    でもやってしまいました、兄貴の嫁さんに、たっぷりと。

    リストラされて以来バイトで夜間配送の運転手、昼夜真逆の生活をしています。
    こんなんじゃ女なんか作れる訳も無く日々悶々とした毎日で、パチンコで憂さを晴らすようになっていました。
    そうそう勝てる訳も無くいつも貧乏。
    この日は実家に資金の援助のお願いに尋ねたつもりが思いがけない展開となったのです。
    俺は平日の休みだけど両親や同居している兄夫婦は土日休みなので、土曜日の朝方尋ねてみたけどあてが外れたみたい。
    兄貴がスーツ姿で駅の方へ歩いている。
    明らかに出勤姿だ。
    車の俺に気付かなかったようで早足で歩き去った。
    【【夜這い体験談】兄嫁をレイプ】の続きを読む

    このページのトップヘ