エッチな体験談(出会い系、レイプ、中出し、OL、人妻、処女、童貞等)毎日ジャンル別のヌケるH体験を配信中!!!



    【クンニ体験談】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    つい最近の事なんですが、男4人、女3人の友達グループで遊んでたんです。

    グループの中の1人の男の子の家で飲む事になって、皆でワイワイ飲んでました。

    結構皆ベロベロに酔ってて、私はお酒が飲めないから1人だけ素面でした。

    酔って寝てしまった子があっちこっちでゴロ寝してて、家の主である友達も結構酔ってました。

    やっぱりと言うか、皆寝てしまって、私が1人で空き缶とかを片付けてると、家主が起きてきました。

    家主と一緒に片付けをして、寝てる子たちにタオルケットとかを掛けて、

    「起こしたら可哀相だから、あっちの部屋に行こう」

    と家主に言われて、電気を消して違う部屋に行きました。

    行ったのは小さな部屋で、パソコンと本棚が置いてあるだけでした。

    「パソコンで遊んでいい?」

    と聞くと、"いいよ"と言ってくれたので、パソコンで遊ぶ事にしました。
    【男友達の性癖がクンニ大好きだった】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    この間、地下街をフラフラと宛もなく歩いている女の子を見つけた。

    「遊ぼうよ」

    って声を掛けたら、口に手を当てて

    「えっ? えっ?」

    と言いながらも、ついてくるので、そのまま手を取ってラブホにしけ込んだ。

    ベッドに腰掛けながら話を聞くと、春に田舎から出てきて看護学校に通っているらしい。

    名前は、ミホ。

    バイトでも探そうと、週末の朝早くから街を彷徨っていたらしい。

    ややポッチャリ型だけど太っているわけではなく、胸もBカップといったところか。

    綺麗な顔立ちをしているので、これからの精進次第でいくらでも光りそうな娘だった。
    【地下街をフラフラ歩いてる女の子に声を掛けた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    小学校の教頭をしていた時の話です。

    元々子供が大好きで教師になり、はや何十年。

    言い方を変えるなら、女子小学生が大好きな変態ロリコンです。

    特に4年生くらいまでが大好きでして、トイレ盗撮も何年にもなります。

    授業中女子トイレに忍び込んでのオナニーや、お気に入りの子の靴の臭いを嗅ぎながらのオナニー、その中に射精。

    興奮の日々でした。

    普段の自分とは違う変態なこの性癖を抑える事が出来ません。

    少女が大好きです。

    子供のツルツルのアソコが大好きです。

    しかし、手を出した事はありません。
    【【閲覧注意】お漏らしした少女がトイレ手前で泣いてた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    あたし中学3年生の時いつもM子と遊んでたの。

    ある日、夜更かしした翌朝の9時頃M子の家に遊びに行ったの。

    M子の兄ちゃんが出てきて、

    「M子はちょっと出掛けてるよ、すぐ帰ってくると思うから待ってたら?」

    「じゃ、お邪魔しますね」

    ってM子の部屋に。

    いつも来てるから自分の部屋みたいに寛げるよ。

    寝てないせいか何か眠たくなってきて、ウトウトしてたらいつの間にか寝てしもた。

    ……。

    (んっ…何か変な感じ)
    【友達の家で寝てたら友達のお兄ちゃんにアソコ舐められてた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ある声優とセフレだった時の話。

    大学の4年の時、当時のセフレだったダンサーの女から紹介され、

    『金銭のやり取り無しで、平日昼間に時間取れるセフレを募集してる人がいるけど、会ってみないか』

    と言われた。

    親の金で遊んでるバカボンだった俺は、とりあえず酒と女以外興味ない猿丸出しだったから、ほいほいその誘いに乗った。

    実際会ってみたら、華奢だし肌は綺麗だしスタイルいいし、実年齢聞いても10近く下にしか見えない人だったし、セクロス目的だから余計なやり取りもなかったので、会ってすぐにホテル直行。

    キスしようとしたら、

    「キス嫌い、キスマークNG」

    と言われたので、クンニでグチョグチョにしてからやりまくった。

    声を出さないというか我慢していて、我慢できずに漏れるって感じの喘ぎ声に興奮した。
    【セフレを探してる声優さんを紹介された】の続きを読む

    このページのトップヘ