エッチな体験談(出会い系、レイプ、中出し、OL、人妻、処女、童貞等)毎日ジャンル別のヌケるH体験を配信中!!!



    【キャバ嬢体験談】

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    半年以上前にキャバで知り合った子で、身長は150有るか無いかの顔は背の割には大人っぽい感じの子で、
    凄く色気の有る子なんだけど、その子とその友達数人で飲み会をした時の話。
    最初は合計8人位で飲み会を始めて二次会のカラオケでは5人位に。
    三次会の飲み屋では2×2の状態になり、俺の連れはもう一人の子とタクシーで次の飲み屋へ。
    それで最終的にはその子はかなり泥酔で、自宅のマンションまで送って行く事になった。

    顔も色気があり、背は低いけど足が細くて、胸はDカップとの事で、凄く魅力的な子だった。
    正直ここまで来たらなんとか出来る!との思いは有ったがその思いとは別に、
    次の日の仕事の事等を考えながら複雑な気持で彼女を抱えながら自宅の玄関まで行った。
    そしてドアを開けて彼女を下ろした瞬間彼女から『今日は寂しいから○○君、泊まって行って』と一言。
    俺は正直全く酔ってなかったので『明日仕事も早いし今日は帰るわ。また改めて会おう』と言った。

    『また会おうよ』とは言ったものの、俺の中でこの子をどうにかしたい!と言う気持が強くなった。
    その時、彼女の手が俺のズボンのファスナーにかかり『帰らないで……』
    『だめだよ……お互いに明日仕事辛いよ』 『大丈夫だから。○○君少しだけ部屋に入って』
    俺の○○○は爆発寸前。そしてそんな事は、お構い無しに彼女は俺のチャックを下げ始め、
    『少しでいいから……』その時俺は立っている状態で彼女は座っている状態。
    彼女のワンピースから時折見える……Dカップの胸の谷間が堪らない……『マジでダメだって……』
    『……』 何も言わずにズボンのファスナーを全部下ろされ、パンツのボタンをはずし出した彼女。
    【寂しがりやのキャバ嬢とのエッチ体験談】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    昨日仕事の帰りに友人とキャバクラに行った。
    そこで22歳のちょっと優香似の子が付いた。
    友人は何時もの子を指名していたので私はこの子を場内で指名した。
    1時間ほど話していたら時間で友人と延長した。
    お酒も入り話がエッチな方へ!!
    彼女は友達とこの店に入り今までお水経験は無しらしい。
    「最近エッチしてる?」と聞いたら
    「え~~してないよ~もう2ヶ月ぐらい」
    「じゃあオナニーだけだね」
    「うん」
    「おもちゃとか使うの?」
    「ローターだけ使う!」
    「じゃあ最近のオナニーは何時?」
    「ちょこっとだけならさっき店のトイレで」
    「えっ!!さっき居なくなったときに?」と聞いたら
    「そうだよーだから今はノーパンだよ!」
    「え!!そうなの触らせて」
    「だめ!!」
    「残念」
    エッチな話をしていたら時間になり会計を待っていたら携帯アドを聞いてきたので教え、この後の予定を聞いてきたので
    この後はカラオケに行くよと答えて店を出た。
    【久しぶりにキャバ嬢とやりました】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    半年以上前にキャバで知り合った子で、身長は150有るか無いかの顔は背の割には大人っぽい感じの子で、
    凄く色気の有る子なんだけど、その子とその友達数人で飲み会をした時の話。
    最初は合計8人位で飲み会を始めて二次会のカラオケでは5人位に。
    三次会の飲み屋では2×2の状態になり、俺の連れはもう一人の子とタクシーで次の飲み屋へ。
    それで最終的にはその子はかなり泥酔で、自宅のマンションまで送って行く事になった。

    顔も色気があり、背は低いけど足が細くて、胸はDカップとの事で、凄く魅力的な子だった。
    正直ここまで来たらなんとか出来る!との思いは有ったがその思いとは別に、
    次の日の仕事の事等を考えながら複雑な気持で彼女を抱えながら自宅の玄関まで行った。
    そしてドアを開けて彼女を下ろした瞬間彼女から『今日は寂しいから○○君、泊まって行って』と一言。
    俺は正直全く酔ってなかったので『明日仕事も早いし今日は帰るわ。また改めて会おう』と言った。

    『また会おうよ』
    とは言ったものの、俺の中でこの子をどうにかしたい!と言う気持が強くなった。
    その時、彼女の手が俺のズボンのファスナーにかかり
    『帰らないで……』
    『だめだよ……お互いに明日仕事辛いよ』
    『大丈夫だから。○○君少しだけ部屋に入って』

    俺の○○○は爆発寸前。そしてそんな事は、お構い無しに彼女は俺のチャックを下げ始め、
    『少しでいいから……』
    その時俺は立っている状態で彼女は座っている状態。
    彼女のワンピースから時折見える……Dカップの胸の谷間が堪らない……
    『マジでダメだって……』
    『……』
    何も言わずにズボンのファスナーを全部下ろされ、パンツのボタンをはずし出した彼女。
    【寂しがり屋のキャバ嬢との体験談】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    画像は姉妹サイトの多次元えろぐにリンクしています。
    【キャバ嬢落とすの楽過ぎワロタwwwwwの続きを読む】

    このページのトップヘ