エッチな体験談(出会い系、レイプ、中出し、OL、人妻、処女、童貞等)毎日ジャンル別のヌケるH体験を配信中!!!



    【フェラチオ体験談】

    彼氏の先輩に、エッチじゃなくて口でしてあげた話なんだけど…
    ここに書いちゃっていいのかな。

    わたしの彼氏はサッカーのサークルに入ってて、わたし自身はマネージャーとかじゃ
    ないんだけど、たまたま高校の頃からの友達がそのサークルでマネージャーを
    しているので、そこの飲み会には時々参加してました。
    その日(こないだの土曜日ですが)も居酒屋ですごい盛り上がって、そろそろ
    電車もなくなるしお開きにしようかってことになりました。

    わたしの彼氏も次の日朝からバイトらしくて、一緒に帰ろうよって言われたんだけど、
    マネージャーしてる友達が二次会一緒に行きたいって言うので、二次会に
    行くことにしました(女はわたしとその友達だけだったので)。
    彼氏も「○○さん(友達)がいるならいいよ」って言って、許してくれました。

    二次会の場所どうしようってしばらくウダウダしてたんだけど、
    そのうち「Y(先輩)の家行こう」って話になりました。
    Yさんは実家暮らしなんだけど大きな家で、それまでにも何回かそこで
    飲み会やったことがあったし、終電逃した人が泊めてもらったりしてました。

    で、結局3時ぐらいまで飲んでみんな(男4人、女2人)酔っ払って、
    和室に布団を適当に並べてザコ寝することになりました。

    電気消して30分位はみんな起きてたみたいなんだけど、そのうちすごい
    イビキが聞こえてきて、わたしは慣れない枕でなかなか寝付けませんでした。
    友達は結構すぐに寝てしまったみたいでした(あとで聞いたら)。

    たぶん4時半ぐらいに、トイレに行ってもどってこようとしたら、Yさんが
    廊下の電気をつけて部屋の外に立ってました。

    普通にびっくりして、起こしてしまいました?ごめんなさいって言ったら
    Yさんは「イビキうるさくて寝られないんでしょ」って笑って、「俺の部屋で
    もうちょっとだけ飲もうか」って。
    そのときちょっと危ないかなって思ったんだけど、彼氏が同じサークルに
    いるの知ってるし大丈夫かなとおもって部屋に行きました。
    【サッカーしている彼氏の先輩にフェラして飲んじゃった】の続きを読む

    大学2年のころ。
    ○トーヨー○ドーの地下スーパーの陳列などをするバイトをしてたんだ。
    そこはうちの大学の人も何人か働いていたが、俺以外はみんな女の先輩だった。
    だから、からかわれたり、こっちも(うまくいえないけどちょっと甘える気持ちもあって)からかったりして結構楽しい職場だった。
    陳列とか意外と神経使う上、重いものとかもたくさんあったからそこそこ疲れたし、バイト代そんなによくなかったけど;
    まあそれはさておき、女の先輩の中で、特に仲良くさせてもらってたのが、A先輩とB先輩だった。
    A先輩は結構大きな胸。(確か自分で「CかDだと思う」とかいってたな。)背は155cmくらいで、芸能人でいえば…とくに思いつかないんだがいろいろみてたら谷村奈南に似てるか。結構偉そうにするんだけど、結構間抜けだったり天然だったりして、かわいいw1ヶ月くらい前に彼と別れた。
    B先輩は対照的にペッタンコ。背は低くて140台じゃないかな。とってもほっそりしててこちらもいろいろネットでみてたら吉川 友という人に似てる。結構お姉さんという感じ。いつもニコニコしている。こちらは半年くらい前に彼氏と別れたんだったかな。
    因みに俺は中肉中背っていうのかw?顔もフツー。彼女はいた。
    んで今回はA先輩とのこと。

    何がきっかけかちょっと思い出せないんだけど、「今日バイトあけたら一緒にのも~!」って話になった。飲もうといっても、金のない学生同士、家で飲むことに。A先輩の家の方が、俺の家よりずっと近いので、先輩の家にいくことになった。いったん家に帰り、自分の家から酒とつまみをもって先輩の家へ。確か誰かからもらったいい酒とつまみが俺の家にあったんだ。
    その時、無論シャワーなど浴びてから向かったw変な期待はしてないかと聞かれれば無いとはいえないが、別にまあ、普通の友達同士っていう気持ちで気軽に飲むつもりだった。向こうもそうだったと思う。

    「いらっしゃい。別の部屋間違えてチャイム押さなかった?w」先輩は笑顔で迎えてくれた。灰色のジャージ姿だった。
    俺が先輩の家に向かっている間に、先輩はコンビニによって、少し買出しをしたらしい。
    部屋の真ん中にあるテーブルの上には、コンビニの袋があり、中にはつまみや酒が入ってた。
    【バイト先のフェラ好き先輩と】の続きを読む

    フェラチオした体験談。
    男友に初めてフェラした時の話です。
    簡単に私と男友のスペック。
    私…21歳 大学生 女
    男友…21歳 大学生 一人暮らし
    男友とは同じ大学ですが学部は全く違います
    一人暮らしをしていたアパートが近かった事もあり自然と仲良くなりました。
    1週間くらい前に久しぶりに男友の家にお泊まりしました。

    テレビ見ながら他愛のない話をしたり
    ふたりでベッドでゴロゴロしたり
    まったりと過ごしてました。
    ふと男友を見ると谷間ガン見。
    「なに見てんの?」
    「いや、デカいな、と」
    「ありがとう」
    「触らしてー」
    男友は胸触ったり揉んだりしてくるけど
    それ以上はしてこないので
    私も承諾しました。
    【男友達に触られて触りたくなっちゃった・・ エッチな体験談】の続きを読む

    この間、飲み会した時、私風邪引いてたんだけど無理して行ったら案の定フラフラで
    8歳上のごう君が介護してくれてたんだ(>_<)その日はなんとか自力で帰ったんだけど今日ごう君からメール入って『さぁの風邪うつった動けない。助けて』言われた( ̄□ ̄;)!!
    ソッコー薬局で薬とか食品買ってごう君ちに行ったんだ

    冷え〇た貼ってフラフラになりながら迎えてくれたんだけど立ってるのもきつそう。
    カナリ罪悪感感じながら高めの水枕作って栄養ドリンク飲ませてプリン食べさせて薬飲ませてから料理作り出したんだ…
    お粥とか野菜スープとか消化に良くて食べやすいもの作ってたからだいたい1時間ぐらいかな
    寝てたごう君が『ぅ゙~』って唸りだして大量の汁だくで首まわりの汗拭いてたら起きちゃったから「汗かいたら服こまめに着替えてお粥とスープ台所にあるからあっためて食べて水分はたくさん取るんだよ」って言って帰ろうとしたら腕捕まれちゃったo(>◇<)o
    ごう君『ち〇こがドクドクして痛い。助けて』って半目で訴えてくる(T_T)
    見たらマジパンパンにテント張ってて可哀想…
    OKしてないのにごう君もう脱ぎはじめちゃって
    カナリのデカさ☆久しぶりに発見した巨ちんをニギニギするとドクドク脈打ってるのが凄くわかる(*_*)
    親指から中指までで指が回りきれないぐらい大きいから両手で握りながら柔らかく優しくシコシコしてあげてたらピクンピクンお辞儀してる(*^_^*)
    【風邪の看病した男友達が勃起していたのでフェラしてあげたエッチな体験談】の続きを読む

    じゃあ5歳年上の女友達にフェラされてからヤった話を。

    友人に誘われたBBQの時が初対面だった。
    その時は何も無かったが、その数日後に友人伝いで電話がきた。
    「突然ごめんね?この前のBBQで会ったんだけど誰だか分かります?」
    と言われ、声の感じから
    「あ~もしかして、○○さん?」
    と言ったら当たっていたので大喜びされた。
     
    実のところ、米倉涼子似で乳のデカイいい女だったので覚えていただけだったw
    拙い話をして今度の土曜日の夜に飲みに行く約束をしてその場は終わった。


    約束の土曜日になり、待ち合わせの場所に行くと
    「ウチ飲みにしない?ジーマとか買い置きがあるし、食べる物もあるからさ」
    と言ってきた。
    その時点で「今日はヤれる」って確信が出来た。
    彼女のアパートに着き、飲み始めてから二時間位した辺りから彼女が膝の上に乗って来た。
    そして、そのまま俺の左肩に頭を預け、こちらに顔を向けた。
    俺は彼女と額同士を合わせ鼻を突き合わせた。
    すると彼女の方からキスをしてきた。
    「やっぱりヤられたいんだな」と思いながらキスを仕返し、徐々に舌をベロベロと絡ませる濃厚なキスになった。


    そのまま押し倒し、豊満な乳を揉みまくってやろうとしたら
    「ダメ。ここまで」
    と言ってきた。
    その後も軽くエロ行為で攻めるもガードは堅かった。
    すっかり冷めた俺は
    「眠くなったから寝るわ」
    と言って、外に停めてある自分の車に行こうとすると
    「布団あるからここで寝てよ」
    と言ってきた。
    じゃあそうするかと布団に入ると彼女も一緒の布団に入ってきた。
    しばらく彼女に背中を向けて寝ていたが、同じ布団に入ってきたなら準備OKだろと彼女の方に寝返った。
    【5歳年上の女友達にフェラされてからヤった話】の続きを読む

    このページのトップヘ