エッチな体験談(出会い系、レイプ、中出し、OL、人妻、処女、童貞等)毎日ジャンル別のヌケるH体験を配信中!!!



    【フェラチオ体験談】

    10年くらい前、某SNSのオフ会に参加した時のこと。

    そのオフ会は定期的に行われているエロトークのオフ会で、

    俺もそれまでに何回か参加していた。

    まあ、だいたいエッチな体験談の披露やギリギリのおさわり程度で済むもので、

    実際に男女の関係になるのは各人にお任せというスタンスだった。

    この日もバカエロネタで、

    ある男性が自分の肛門にフリスクを入れたら

    気持ちよくて射精したというネタが話題となり、

    肛門に何を入れたら面白いかをみんなで出し合って笑い合った。

    俺が居酒屋のトイレに行き、用を済ませて扉を開けると、

    目の前にオフ会参加者のサキが立っていた。

    一瞬トイレを間違えたかと思ったが、

    ここの居酒屋は男女共用だったことを思い出した。

    サキは25歳くらいでショートカットが似合うOL風の女性だった。
    【エロトークオフ会で知り合った女性にフリスクを含んだ状態でフェラしてもらった】の続きを読む

    7年前、腰痛で悩んでいた俺は、叔母の紹介で女性専用マッサージ店に行くことになった。

    先生は30才くらいの女性で、個人で経営しているとのこと。

    マンションの一室を借り上げて経営しているらしい。

    普段は男子禁制だが、行きつけである叔母さんが話しをつけてくれ、特別に俺も行けることになった。

    当時俺は30だったが、叔母さんにとって俺はいつまでも無害な子供なんだろう。

    叔母から教えてもらった先生の携帯電話にかけてみると、先生はとても丁寧だが可愛い声だった。

    俺は平静を装いつつ店の場所を聞き、予定日時を決めると期待に股間を膨らませた。

    施術初日、マンションのベルを鳴らすと先生がドアを開け迎えてくれた。

    少し緊張しているようだが、精いっぱいの笑顔にキュンとくる。

    色白で短髪黒髪。白い施術服を着ている。

    顔はスピードのメインボーカルに似ている。
    【叔母から紹介された女性専用マッサージ店で、先生にフェラされた】の続きを読む

    俺は以前デパ地下で働いていた。

    デパ地下には惣菜やお弁当を売るコーナーと和菓子や洋菓子を売るコーナーがある。

    俺が居たのは和菓子洋菓子コーナーで、ショップ店員をしていた。

    デパートというのはデパート直属の社員は少なく、

    ほとんどが間借りしているショップやメーカーの社員やバイトばかりである。

    なかには人材派遣から来ている販売員なども多い。

    俺は和菓子屋の社員としてデパ地下に居た。

    ある日、昼休憩から売り場へ戻るとうちの上司が

    どこかのショップ店員の女性(K子さん)と話をしていた。

    初めて見る顔だったが、俺はその子に一目惚れしてしまった。

    なんとなく内田有紀っぽい雰囲気で、

    俺にとっては衝撃的なドストライクだった。
    【上半身はOKだけど、下半身は浮気になるからとダメと言う女】の続きを読む

    以前病院の屋上で、1週間洗ってないチンコを女友達に抜いてもらった。

    ちょっと臭うと言いながらも、カリカリになったチンカスを口で掃除してもらった、

    今思い出しても興奮するよ。

    気胸で入院した時、普段から仲のいいA子がよくお見舞に来てくれたんだ。

    A子とはお互いの彼氏彼女の話やどんなセックスしてるか話せるほどの仲で、

    お互いに異性としての感情は全く無かった。(と思ってる)

    肺にチューブを挿して治療してるから基本ベッドから動けず、話し相手は嬉しかった。

    来てくれた友達同士も仲良くなったりして、楽しく入院生活を満喫してました。

    しかし問題が1つ・・・ぶっちゃけ毎日のようにオナってたから、

    入院1週間目くらいからちょっとした事でビンビンになるようになってきた。

    ナース服とか結構下着透けて見えるし、

    パンツタイプだとお尻にピッチリ食い込んだ水色のレースの下着とかが目の毒で堪らなかった。
    【入院生活で溜まってたら女友達が口で抜いてくれた】の続きを読む

    俺は工学部に所属する大学生。

    ゼミの友達とオナニー談義をして楽しく過ごしていると、

    ゼミ内で紅一点の女の子が部屋に入ってきた。

    友達は気づいてそっぽを向いたが、

    俺は気づかずに

    「無修正の飯島愛が俺の初めてだ!でも今はろりが一番くるよ」

    などと盛り上がっていたっていた。

    ふと後ろを見てその子に気づいた俺は真っ青になった。

    その子とは気志團のファンという共通点もあり、

    大事な唯一の女友達だったからだ。

    【エロ話で盛り上がれる女友達にフェラしてもらったエッチ体験】の続きを読む

    このページのトップヘ