エッチな体験談(出会い系、レイプ、中出し、OL、人妻、処女、童貞等)毎日ジャンル別のヌケるH体験を配信中!!!



    中出し

    妻が実はド淫乱の痴女だった

    私は武史(サラリーマン・42歳)といいます。

    亜紀(専業主婦・38歳・158・86・60・88)笑顔が可愛い妻です。

    娘が小学校に上がったのを機に仕事を探していましたが、

    昨今の求職難のため思うような仕事がありません。

    そんなおり、学生時代の友人であり

    仕事上の取引先でもある会社を経営している森山と飲む機会がありました。

    森山とは年に数回は飲みにいく間柄でしたが、

    奥さんを交通事故で亡くしてから初めてでした。 

    「大変だったな。奥さん・・・」 

    「ああ・・・もう一年だよ。早いもんだ・・・」 

    子供が出来なかった森山は一人で暮らしています。 

    【【寝取られ体験談】妻が実はド淫乱の痴女だったことが判明!】の続きを読む

    中出し画像

    冬も迫る日に、おいらは飲みすぎてしまい繁華街をうろうろしていたらしい。

    記憶が無い。店を出て友人とじゃぁな~なんて言ってたのは覚えてる

    そして家の近くまで歩いて道を渡ろうとしたところまでは覚えてる。

    それ以降記憶が無い。まだ夜は長く五時過ぎから呑んでいたので

    記憶が無くなった時点ではまだ11時前だと思う。

    気がついた時は、温かい毛布に包まれていた。

    「あっ気がついた?」と女の声がする。

    君は誰?知らない人だった。

    髪を後ろで束ね紺色と白のストライプのパジャマを着ている。

    彼女はコーヒーを出してきて

    どうしてあなたがここに居るのか説明します。

    と言う。

    おいらはポカーン…彼女が言うのはこうだ。

    「あなたは、歩道をよろよろと出てきたの、そして私の車が通りかかったの
    気がつくのが遅くて、私避けたんだけど、サイドミラーがあなたの腕に当たった
    の、そんなにスピード出してなかったから、あなた倒れなかったけど…」

    【泥酔した結果⇒知らない年上のお姉さんの部屋に居たwww】の続きを読む

    目隠しして中出しレイプ

    私は当時社会人バレーボールをしていた時期があった。

    友達の女の子から誘われて行くようになった。

    社会人バレーボールと言っても、

    ほんとに数人で仲の良い人達で夜に楽しくやっている感じである。

    若い男は俺1人で、後はみんな未婚の若い女の子達ばかりである。

    その中で実は少し気に入っていた女の子がいた。

    しかしそれなりに頭も良く、

    どうやら後で分かった事だが好きな人がいたらしい。

    友達に相談していた時も

    「やめておいた方がいいよ」

    と言われていた理由が理解できた。

    下手に告白して気まずくなるのも嫌なので、

    それ以上は何も行動はしなかった。

    そんなある日、バレーをする日だったので

    体育館へ向かっていったのだが、

    着いてみると俺しかいない。

    【体育館の更衣室で未婚の若い女の子をレイプして中出しした話】の続きを読む

    俺、彼女共に20歳の頃の出来事。

    俺と彼女は中学校の同級生で、高校2年の頃から付き合いだした。

    処女と童貞同士のカップルだった。

    高校を卒業して俺は東京に就職。

    彼女は地元の短大に進学。

    2年の遠距離恋愛を経て、春から彼女も東京に就職が決まった。

    高校時代、遠距離恋愛中はあまり会う時間がなく、SEXの回数はそんなになかった。

    東京に来てからは毎日会えるようになり、

    毎夜SEXをするようになって、休みの日には1日中SEXするようになっていた。

    高校時代にはお人形さんのように可愛いかった彼女だったが、

    SEXを重ねるたびに気持ちよくなってきたみたいで、

    自分から上になって腰を振るようになっていた。

    有名人で言えば、キャスターの皆藤愛子に似ているだろうか。

    そんな彼女が上になって腰を振っている姿を想像してほしいくらい自慢の彼女だった。

    彼女が東京に来て半年、お盆休みに彼女だけが田舎に帰省する事に。

    【田舎に帰省した彼女が浮気を告白!まさかの寝取られ乱交体験】の続きを読む

    もう四半世紀も前だが、私が中学に入ったばかりの頃、

    明治生まれの祖父が唐突に聞いてきた。

    「お前、オ○コ知っとるんか?」

    セックスの経験があるか?ということらしい。

    「知ってるわけないやん」と俺。

    当時でも中学で童貞を卒業する男は、まだまだ少数派だった。

    「そうか。最近の子はかわいそうやなあ」

    溜息をついた祖父が、ぽつりぽつりと語ってくれた話だ。

    祖父=平吾(仮名)=が生まれ育ったのは、

    関西某県の山間の農村。

    6人兄弟姉妹の次男坊だった。

    小規模ながら自分の田畑を耕す自作農で、

    高等小学校(今の中学くらい)まで出たというから、

    村では中産階級といったところだろう。

    そんな祖父曰く、昔の子供は、

    今の中学生くらいで「女を教わった」。

    【少年時代に夜這いの風習で筆おろしされたお祖父さんの凄いおめこ体験】の続きを読む

    このページのトップヘ