エッチな体験談(出会い系、レイプ、中出し、OL、人妻、処女、童貞等)毎日ジャンル別のヌケるH体験を配信中!!!



    夜這い

    寝バック

    まだあれは随分今よりも若い時だ。

    将来の事や仕事の事や特に悩みのなかった、

    いわゆる若くて無鉄砲な時代だった。

    その日、バイト先の男友達と俺と俺の高校から知り合った女友達で

    カラオケで飲んでいたのだ。

    名前がないと表現しにくいのでその女友達を仮にマイコ(仮)としておこう。

    バイト先の男友達はタイゾウ(仮)。

    タイゾウはバイトで知り合った友達だったが、

    マイコは地元は一緒だったが知り合ったのは

    同じ高校へ偶然通うようになってからだ。

    マイコの容姿は当時高校でもトップクラスとまではさすがに行かないが、

    俺のが1つ年上でマイコが高校に入学してきた時には

    「深田恭子にあの子似てない?」

    などと男共と品定めしていたくらいそれなりに可愛い子だった。

    【【レイプ体験】バイト先の友達が好きな女の子を夜這いした話】の続きを読む

    彼女といっしょにカラオケに行きました。

    漏れは下戸で全然飲めないんですが、彼女はうわばみ。

    食事とかカラオケとか行くと、彼女はいつもぐでんぐでんに酔って、

    俺はいつも酒は一滴も飲まず、彼女を介抱しつつ運転手になる。

    この日も、フリータイムで五時間ぐらいでしょうか、

    漏れはコーラ、彼女は酎ハイを飲みながらカラオケしてたら、

    案の定彼女だけがベロンベロンに泥酔状態に。

    彼女は酔っ払うとアッチの方が積極的になるし、

    漏れは漏れで、 彼女が半分眠ってるような状態だと普段より興奮するので、

    泥酔状態は、望むところなわけです。

    (変態ですね。すみません。)

    カラオケ後半になると漏れは、カラオケ後のことを考えて

    チムポ半立ち状態で彼女のオンステージを聞いていました。

    ところが、その日は酔っ払っても彼女は、

    空気を読まずに、 延々曲を入れ続けます。

    ようやく彼女が満足したころには、

    漏れのチムポは小一時間おあずけくらってたようなものでした。

    【泥酔した彼女を介抱しながらのSEXは今でも最高のオナネタ体験】の続きを読む

    もう四半世紀も前だが、私が中学に入ったばかりの頃、

    明治生まれの祖父が唐突に聞いてきた。

    「お前、オ○コ知っとるんか?」

    セックスの経験があるか?ということらしい。

    「知ってるわけないやん」と俺。

    当時でも中学で童貞を卒業する男は、まだまだ少数派だった。

    「そうか。最近の子はかわいそうやなあ」

    溜息をついた祖父が、ぽつりぽつりと語ってくれた話だ。

    祖父=平吾(仮名)=が生まれ育ったのは、

    関西某県の山間の農村。

    6人兄弟姉妹の次男坊だった。

    小規模ながら自分の田畑を耕す自作農で、

    高等小学校(今の中学くらい)まで出たというから、

    村では中産階級といったところだろう。

    そんな祖父曰く、昔の子供は、

    今の中学生くらいで「女を教わった」。

    【少年時代に夜這いの風習で筆おろしされたお祖父さんの凄いおめこ体験】の続きを読む

    このページのトップヘ