エッチな体験談(出会い系、レイプ、中出し、OL、人妻、処女、童貞等)毎日ジャンル別のヌケるH体験を配信中!!!



    女子大生


    騎乗位であたしはさらにもう1回果てた

    あたしが大学から帰る途中に声をかけられた。

    同じ大学に通い同じマンションに住んでることにびっくりしたが、

    そのうち段々仲良くなっていった。

    当時あたしは彼氏に裏切られて別れた直後で、

    どうしても温もりが欲しかった。

    4歳も下で性欲の塊(笑)だった彼と私が

    そのような関係になるのは時間の問題だったのかもしれない。

    その日、私は彼に元彼の愚痴をいいまくっていた。

    散々当り散らし、疲れたところで何の気なしに彼に寄りかかると、

    彼がいきなり抱きしめてきた。

    ただ単に同情しただけだったのだろうが、

    私はもう我慢が出来なかった。

    一気に下着姿になると彼のモノを引っ張り出ししごいた。

    その頃はまだ私も経験人数は多くなかったが、

    彼のちんちんは非常にそそり立っていて、

    あたしはさらに燃えた。

    【彼氏に裏切られて別れた直後に出会った4歳も下で性欲の塊(笑)とのエッチ体験】の続きを読む

    まだ大学入りたての頃の話だ。

    女の子との付き合い方も全く分からぬ俺は、

    なんとなく俺に好意を持ってくれてる女の子と付き合いだした。

    ま~お世辞にも美人と言えない感じの、垢抜けない地方出身の子だった。

    初体験ももちろんその子。

    凄く好きとかそういうんではなく、何となく一緒に過ごしてた。

    入学してから3~4ヶ月経った頃だったと思うが、

    やっと親しい友達が出来始めた俺は、彼女を連れてよく飲みに行った。

    と言っても貧乏学生だった俺達は外ではそんなに深酒できず、

    結局誰かの家に行って飲み直す感じ。

    そしてそこで雑魚寝した。

    そんな中で事件は起こった。

    その時に飲んでた連中の中に、ひと際モテる男が1人混じっていた。

    何をやらせてもソツなくこなすスポーツマンタイプとでも言おうか。

    ま~男の俺でも惹かれる気持ちはよく分かる。

    【【浮気現場目撃体験】皆で雑魚寝してたら彼女がほかの男とセックスしだした話】の続きを読む


    高校の時に、数学の教育実習がやってきた。

    その教育実習生は、麻美先生と言い、

    確か年齢は22歳だった。

    身長は160cmくらいで、

    川島海荷似の清純そうな女性。

    教育実習初日は特に何もなかったが、

    次の日麻美先生に呼ばれて話をしていると、

    俺の兄と同級生という事が分かり話が弾んだ。

    麻美先生が来て1週間が過ぎたある日曜日、

    俺はパソコン機器を買う為に電気街に出かけた。

    ショップに入った時、後ろから肩をトントンと叩かれ、

    振り向くと1人の女性が居た。

    麻美先生だ!

    麻美先生もパソコン機器を買う為に来たみたいだった。

    【教育実習生と男子高校生の嬉しかった童貞喪失体験談】の続きを読む

    私はちょっとリッチな人向けの会員制で

    メンバーにならないと入れないクラブでホステスとして働いてます
    物凄い金持ちのセレブ男性をターゲットにしてないので、

    そこまで高級な訳ではないですけど、

    雰囲気はいいみたいなので、

    結構繁盛してます。

    ちなみに私は昼は普通に大学行ってる真面目な女子大生。

    夜は蝶となって会員制クラブでホステスのバイト。

    時間は9時過ぎくらいだったかな、

    二人連れの方がいらっしゃいました。

    その人たちは接待の帰りかなんかで

    もう結構酔っ払ってました。

    【ちょっとリッチな人向けの会員制クラブでバイトする現役女子大生のエッチな思い出】の続きを読む

    簡単に私と男友のスペック。

    私…21歳 大学生 女

    男友達…21歳 大学生 一人暮らし

    男友達とは同じ大学ですが学部は全く違います

    一人暮らしをしていたアパートが近かった事もあり

    自然と仲良くなりました。

    1週間くらい前に久しぶりに男友の家にお泊まりしました。

    テレビ見ながら他愛のない話をしたり

    ふたりでベッドでゴロゴロしたり

    まったりと過ごしてました。

    ふと男友を見ると谷間ガン見。

    【彼氏持ちで女子大生の私が男友達にフェラした時の話】の続きを読む

    このページのトップヘ