エッチな体験談(出会い系、レイプ、中出し、OL、人妻、処女、童貞等)毎日ジャンル別のヌケるH体験を配信中!!!



    彼女


    彼女を寝取られ顔射された

    彼女=亜希とつき合ってた終わりの頃、

    亜希の浮気が発覚したのよ。

    実はオレも前に浮気がバレて平謝りしたこともあったんで、

    まあブチ切れはしなかった。

    とゆーか驚いた。

    亜希が浮気とかしそうにないタイプだと思ってたんで。

    まあ最近セクースの間隔も空いてたしな、とか思った。

    亜希について説明すると、

    当時21才で、ルックスは贔屓目抜きでも多分並より上。

    結構ファンが多かったんで可愛いほうだったんじゃないかと。

    服のセンスが良くって、体形は細身。

    本人はCカップだと言っていた。

    首都圏の大学の英文科3年。

    まじめにちゃんと学校通ってました。

    このスレ読んでて、外見がイメージできる方が萌えるんで一応(w

    ちなみにオレは二つ上です。
    【彼女の浮気相手との顔射セックスがマジで衝撃的だったエッチ体験】の続きを読む

    裸エプロン

    当時は高2だったんだが、SEXを覚えたてで、

    彼女を週末に連れ込んでセックスしてた。

    母ちゃんはパートで週末は夕方までいなかった。

    その日も彼女が朝から家に来て、鬼の如くSEXをしていた。

    ちなみにスペック。

    俺:当時は細マッチョ。

    進学校に通いつつ、ちょっとグレてる空気を出そうしてた。

    今思うとキョロ充だった。

    母ちゃん:当時40後半。俺は思わないけど、

    友達は江角マキコに似てるって言ってた。

    彼女はともさかりえに似てた。

    ちなみに陸上部でちょっと筋肉質だったけど、

    ケツのがキュッと上がってて俺にとってはエロかった。

    んで、彼女とのSEXの後、軽く腹が減って、一緒に飯を作ろうって事になった。

    ちなみに彼女は俺がイク時必ず精子を飲んでくれた。

    【SEXを覚えたての俺が彼女に母ちゃんのエプロン着させてヤってるところを見られた話】の続きを読む

    まだ大学入りたての頃の話だ。

    女の子との付き合い方も全く分からぬ俺は、

    なんとなく俺に好意を持ってくれてる女の子と付き合いだした。

    ま~お世辞にも美人と言えない感じの、垢抜けない地方出身の子だった。

    初体験ももちろんその子。

    凄く好きとかそういうんではなく、何となく一緒に過ごしてた。

    入学してから3~4ヶ月経った頃だったと思うが、

    やっと親しい友達が出来始めた俺は、彼女を連れてよく飲みに行った。

    と言っても貧乏学生だった俺達は外ではそんなに深酒できず、

    結局誰かの家に行って飲み直す感じ。

    そしてそこで雑魚寝した。

    そんな中で事件は起こった。

    その時に飲んでた連中の中に、ひと際モテる男が1人混じっていた。

    何をやらせてもソツなくこなすスポーツマンタイプとでも言おうか。

    ま~男の俺でも惹かれる気持ちはよく分かる。

    【【浮気現場目撃体験】皆で雑魚寝してたら彼女がほかの男とセックスしだした話】の続きを読む

    俺、彼女共に20歳の頃の出来事。

    俺と彼女は中学校の同級生で、高校2年の頃から付き合いだした。

    処女と童貞同士のカップルだった。

    高校を卒業して俺は東京に就職。

    彼女は地元の短大に進学。

    2年の遠距離恋愛を経て、春から彼女も東京に就職が決まった。

    高校時代、遠距離恋愛中はあまり会う時間がなく、SEXの回数はそんなになかった。

    東京に来てからは毎日会えるようになり、

    毎夜SEXをするようになって、休みの日には1日中SEXするようになっていた。

    高校時代にはお人形さんのように可愛いかった彼女だったが、

    SEXを重ねるたびに気持ちよくなってきたみたいで、

    自分から上になって腰を振るようになっていた。

    有名人で言えば、キャスターの皆藤愛子に似ているだろうか。

    そんな彼女が上になって腰を振っている姿を想像してほしいくらい自慢の彼女だった。

    彼女が東京に来て半年、お盆休みに彼女だけが田舎に帰省する事に。

    【田舎に帰省した彼女が浮気を告白!まさかの寝取られ乱交体験】の続きを読む

    彼女といっしょにカラオケに行きました。

    漏れは下戸で全然飲めないんですが、彼女はうわばみ。

    食事とかカラオケとか行くと、彼女はいつもぐでんぐでんに酔って、

    俺はいつも酒は一滴も飲まず、彼女を介抱しつつ運転手になる。

    この日も、フリータイムで五時間ぐらいでしょうか、

    漏れはコーラ、彼女は酎ハイを飲みながらカラオケしてたら、

    案の定彼女だけがベロンベロンに泥酔状態に。

    彼女は酔っ払うとアッチの方が積極的になるし、

    漏れは漏れで、 彼女が半分眠ってるような状態だと普段より興奮するので、

    泥酔状態は、望むところなわけです。

    (変態ですね。すみません。)

    カラオケ後半になると漏れは、カラオケ後のことを考えて

    チムポ半立ち状態で彼女のオンステージを聞いていました。

    ところが、その日は酔っ払っても彼女は、

    空気を読まずに、 延々曲を入れ続けます。

    ようやく彼女が満足したころには、

    漏れのチムポは小一時間おあずけくらってたようなものでした。

    【泥酔した彼女を介抱しながらのSEXは今でも最高のオナネタ体験】の続きを読む

    このページのトップヘ